FX海外業者を使うメリット

FXを始める際に海外FX業者は無視できない存在

です。なぜなら日本国内のFX業者にはない様々なメリットを持っているからです。ここでは何が優れているのかについて、その実態をみていきましょう。
海外FX業者を利用する最大のメリットと言っても差し支えないのが、国内では不可能なレバレッジ設定にあります。日本国内では少しずつ規制が進められており、最大10倍にまで下げられると言われています。レバレッジに柔軟性がなければ、稼ぐチャンスを逃してしまう可能性があるのです。レバレッジが高いほどリスクも高くなりますが、選択肢が多い方が有利になります。FXにおいてレバレッジの幅は非常に重要な要素です。
これもレバレッジ設定に関係していますが海外の法律に則っているため、日本の法律にある景表法のような規制を受けません。そのため入金した証拠金に応じたボーナスなどが高く設定されていたり、無償のコンテストへの参加によって賞金が貰えたりするといった日本では見られないインセンティブを得られるFX業者も存在します。また、時期によってはイベントが行われボーナスが上乗せされるなど日本にはない魅力のひとつです。ボーナスは現金として出金することができないクレジット扱いですが、所持金以上の取引が可能な仕組みは利用者にとってメリットになります。

海外FX業者は透明性が高い

ことでも知られています。国内FX業者はトレーダーの注文通りに通貨の売買を行わない可能性がある店頭取引です。対して海外FX業者ではトレーダーの注文に従った売買を行う電子取引所取引になります。なぜ国内では注文通りに行われない可能性があるかというと、トレーダーの負け分が胴元の儲けとなり、トレーダーの儲けは払い戻しによる損になるという利益が相反する関係にあるからです。そのため、レート操作や故意のシステムダウンなどがブラックボックスの中で行われている可能性が考えられます。一方、海外FX業者は仲介手数料を利益にするシステムを採用していることが多く、トレーダーに儲けてもらい取引量が増えることが利益に繋がります。透明性が高く、お互いの利益を考えた運営が期待できるのです。
海外と聞くと英語ができないと万が一の場合に困ると考える人もいますが、日本人が対応してくれるところもありますので心配ありません。平日は24時間対応でメールや電話、チャットなど問い合わせ手段も豊富です。海外FXの口座開設は一度検討してみることが得策だと言えるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする